別荘について

別荘でゆっくりリラックス

別荘にかかる維持費用とは

別荘を持っているとしたら、どんな維持費用がかかるのでしょうか。
代表的なものとしては建物の維持費ですが、これは自宅と同じような修繕費がかかります。
屋根や外壁の修繕、給湯器などの設備の交換や、室内のリフォーム費用などです。
他には固定資産税などの税金です。
それ以外にかかる費用は別荘のある場所によって異なります。
例えば別荘分譲地内にある建物は管理費が月々または年額一括でかかることがあります。
金額については分譲地内で決められていますが、雪が多く降る地域などでは除雪などのコストや、水道管などの凍結防止のために必要な措置をするために金額が高くなる傾向があります。
また、温泉などを直接引き込めるようにできる分譲地でも、その維持管理には相当なコストがかかるのと、利用料や使用権などの名目で別途費用がかかることがあります。
温泉の質によっては掃除を頻繁にしないと管が詰まってしまうため、そのための費用も見積もっておく必要があります。

別荘の購入も維持も状況に合わせて

別荘は、購入に関わる費用だけではなく、購入後も必ず維持費がかかります。
建物自体の利用にかかる光熱費、管理に関わる費用の他、固定資産税や住民税などの税金もあります。
戸建てタイプだけではなく、マンションタイプでも課税対象です。
ローンを利用する場合の諸費用、購入時の各種手数料にも注意が必要です。
そのため、購入計画を立てる段階から、どの項目でどれくらいの費用がかかるのかを考慮し、予算を検討する必要があります。
別荘を所有したいけれど、維持管理の手間をできるだけ省きたいという場合には、共同所有のスタイルを取っている会員制リゾートを利用する、管理会社と契約して、管理を一任するなどの方法があります。
ある程度コストはかかりますが、環境や建物の状態を良好に保つ効果は高いです。
別荘の使用頻度や周辺環境、自宅からの距離や自身の状況に合わせて、どれくらい維持管理に時間やコストをかけられるかは異なります。
現状を把握し、無理のない範囲で行います。

check

OAフロアの販売

最終更新日:2017/11/9

トップページ

賃貸

シェア

維持

中古

お問い合わせ

Copyright(C) 2015 別荘について All rights reserved.